親子で楽しめる! ISBJORN雪上運動会&スキースクールが今年も開催

2015/02/13

スウェーデンのキッズ用アウトドアウェアブランド「ISBJORN(イスビョン)」が、親子参加型の雪上運動会を3月21日(土)に長野県菅平高原スキー場で開催します。

親子そりレースや宝探し、スノーストライダーも使う障害物リレー、雪上綱引きなど親子で楽しめるイベントが満載で、がんばった家族には豪華賞品も! 

20140322_111836_0405

子どもの対象年齢は2歳から。参加者は小学生前後が多く、上は小学校高学年の子どももいるそうです。種目はどんなタイプの子どもでも参加できるように工夫されており、雪に慣れていない子ども、雪遊びが大好きでスキーもやってみたい子ども、雪遊びを思いっきり楽しみたい家族など、様々な目的の参加者が楽しめます。

20140322_103904_0086

午後にはKID’Sスキーレッスン、スノーストライダーの試乗会にも参加でき、スキーブーツを初めて履く子どもや、初級子どもスキーヤーも楽しく安全にスキーを学べます。

子ども用スキーセットレンタルや、「菅平高原温泉ホテル」に特別価格で宿泊できるプランもあり。真っ白な雪の世界で、親子の思い出がたくさん作れそうです!

スキー場で快適に過ごすためのウェアについて、ISBJORN広報ご担当の吉野さんに教えていただきました。

機能別に3種類のウェアをご用意ください。

  1. 肌の上に直接着るベースレイヤー(肌着)
  2. 保温を調整するミッドレイヤー(中間着)
  3. 風、雨、雪などから体を守るアウターレイヤー(ジャケット&ボトム)

雪上運動会時は速乾性のあるベースレイヤーが好ましいです。子どもは大人以上に活発で汗をたくさんかくので、外気が冷えていると汗で濡れた衣服で子どもの体を冷やしてしまいます。コットンの肌着の場合は、こまめなお着替えをさせてあげて下さい。

このように、様々な機能を持ったウェアを上手に組合せて着ることを「レイヤリング」というそうです。吉野さんにうかがった「子どものレイヤリング」については、後日詳細記事にてお伝えします!

2015 ISBJORN雪上運動会&スキースクール開催概要

  • 開催日:2015年3月21日(土曜日)
  • 場所:長野県菅平高原スキー場 奥ダボス特設会場(ちびっこパーク横)
  • 対象:子ども(2歳〜)とその保護者
  • 定員:100名
  • 参加費:大人1名5000円、子ども1人2000円

【申込方法】
参加者名(人数分)お子様の年齢、ご連絡先、午後のアクティビティのご参加の有無、宿泊の有無もご記載下さい。
[メール]undoukai@rctj.com
[fax]03-5768-2063 [tel]03-5768-2061

  • 受付時間:平日10:00~17:00
  • 受付担当:RCT JAPAN 吉野

※参加費用には併設のレストランで使用できるランチ券(ドリンク付)も付いています。

【スケジュール】
8:45~ 受付 フライングフォックスレストラン(奥ダボスゲレンデ)
9:30~ 大会挨拶と説明
10:00 雪上運動会スタート

  • 親子そりレース :子供を乗せてお父さんやお母さんがゴールまで一直線!
  • 宝探し     :雪の中に埋まったお宝を探し当てるのは誰かな!?
  • 障害物リレー  :今年はスノーストライダーも加わって更にパワーアップ!
  • 踊る玉入れ   :ミュージックに合わせてLet’ go!
  • 雪上綱引き   :雪の上で綱引きはなかなか難しいぞ~!

12:00~13:00 お昼
13:00~13:30 閉会式と成績発表
13:30~   自由行動(スキースクールや、スノーストライダー試乗会アドベンチャーパークに参加できます)

詳細はこちらまで

【大会運営】

ISBJORNは、2005年にスウェーデンで、マリア・フライクマンさんとカミラ・シュミットさんが「家族と一緒に北欧のアウトドアライフを過ごしたい」という思いから作り始めたブランドです。リサイクル素材を採用し、耐久性の高いウェアを提供しているので、お下がりとして使い続けられるリ・ユースでの環境保護も考慮しています。

現在、スウェーデンとノルウェー150店以上の店で販売されており、日本を始めとする15ヵ国で展開されています。

>>ISBJORN創業者マリア・フライクマンさんのインタビュー記事はこちら
スウェーデン社会では働く女性の育児と家庭の両立が保証される
スウェーデン女性起業家の働く×家族