尿もれ、気になっていますか? まずは骨盤底筋トレーニングを

2015/02/11

出産した女性は、妊娠中に「尿もれ」を体験した人も多いのでは? Prime mama世代ともなると、4人に1人の割合で経験していると言われています。

妊娠中の尿もれの原因のひとつは、膀胱を子宮が圧迫するから。また、出産した後は、尿道の近くにある「骨盤底筋」(子宮や膀胱など骨盤内の臓器を支え、尿がもれないようにキュッとせき止める役割がある)がゆるんでしまうからだそう。

kotuban1

重い荷物を持ち上げたり急に立ち上がったりした時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまうことから「腹圧性尿失禁」と呼ばれています。

もちろん、妊娠や出産以外でも、加齢やストレス、運動不足などが原因で骨盤底筋が弱くなって尿もれを引き起こすこともあります。だから、40代以上じゃなくとも、尿もれに悩んでいる女性は多いといわれています。

しかも、こんな話は友達にもなかなかできないですよね。ママ友同士でも、かなり仲良くないと…ということで、人知れず悩んでいる人もいることでしょう。

実際に、私も妊娠中はもちろん、出産してからも、いわゆる「ちょこっとだけもれる」という経験が! たいてい激しいくしゃみをしたときですね。これはもう老化や運動不足もあいまって、骨盤底筋がかなりゆるゆるになっているせいだと思われます…。

尿もれといっても、今はくしゃみしたときに限られるので、なるべく激しいくしゃみをしないようにしてますが(なかなか難しいです…)、ちょっとずつ骨盤底筋を鍛える運動もしています。それは、気になった時に肛門と膣をギュッと締めるようにして5秒キープ。それからゆっくりとゆるめます
kotuban
仰向けに寝て、両足を肩幅に開いてから膝を立てて、同じように肛門と膣を締める運動でも◎。10回くらいを目安にやるといいですよ。

椅子に座った状態でもできます。とっても簡単なので、尿もれはまだ、という人でも今のうちからやっておくといいかも。

こちらにも部屋でできる簡単トレーニング方法が紹介されています。
>>お部屋でカンタンにできる骨盤底筋トレーニングをご紹介!カンタンお部屋トレ!

尿もれの症状は他にもあります。

  • 切迫性尿失禁
  • 膀胱炎

切迫性尿失禁
脳が排尿をコントロールできなくなる症状。急に尿がしたくなり、我慢できずに漏れてしまう状態です。

膀胱炎
細菌の感染による症状。排尿回数が増えたり、トイレに行ったばかりなのにすぐ尿がしたくなる状態です。

気になる人は泌尿器科でチェックしてもらうのも手です。

尿もれ対策として、いろいろなシート類も出ています。私は、布ナプキンを体験してからというもの、生理の状態が格段によくなったので(この話はまた今度)、布ナプキン派。軽い尿もれなら対応できるというモノを愛用してます。おりものシートは生理ナプキン同様賛否両論ありますが、布ナプキンなら下着と同じ感覚なので使いやすいですよ。気になった人はぜひチェックしてみてください。

★【新柄追加】布ナプキン FLATタイプ(オーガニックコットン使用) 【メール便対応】 【布ナプキン 布ライナー】★【「レビューを書く」でメール便無料(3枚)】【国際メール便】【HLS_U】【RCP】【ベイビーハーツ】

感想:2,207件