[子どもはリビング学習派]のためのグッズは大人も使える!

2015/03/15

まだ保育園児の娘には自分の部屋を用意していません。リビングでお絵描きや折り紙などをして遊んでいます。お気に入りのよく使うものは、すぐに取り出したいので一括にまとめて収納したいものです。小学生になってもしばらくはリビング学習派になりそうです。

『百ます計算』で知られる陰山英男氏が「子どもは元々集中するのが難しく、家族と一緒の空間でリラックスするがゆえに集中できる」と「リビング学習」を勧めています。また、中学受験学習塾を主宰する建築家の諸葛正弥氏も「孤独な環境で勉強しないことが大切だ」「自然に家族がコミュニケーションを取れる工夫を」と説いています。

そこで、便利そうだなと思うのが、持ち運べるテーブルマットです。先日、Prime mama編集部でお邪魔したニッセンオンラインの勉強会でご紹介いただきました。

サイズは、幅50.5×奥行9×高さ43cm、軽くて丈夫な素材で、持ち手が付いているから移動はラクラクです。開けばミニテーブルになり、メモ用紙や文具を入れるポケットも充実しています。いつでもどこでもお勉強でき、消しゴムのカスが散らばりません。

小学生は左のクリアポケットに時間割も収納できますね。

ノートPCや資格の勉強セットをまとめて収納できる



実はこれ、大人も使える便利グッズです。自宅で仕事をする際にはノートパソコンを使っているので、紙資料や計算機などよく使うグッズを一式にできるので使い勝手がよさそう。子どもが寝た後仕事部屋にこもるよりは、リビングのテーブルの方が集中できることも多いのです。

14708_408396715994739_2960706555894577724_n (1)

10622779_408396709328073_781514766367544373_n
資格の勉強セットや作りかけのハンドメイドグッズなどをまとめるのにもいいですね。子どもに触られたくないものをまとめて収納して、手が届かないところに片付ければ安心です。収納時の幅は約9cm。コンパクトになります。

私が使っているのを知ったら娘が欲しがるだろうなあ。2つ買った方がいいのかな? まず様子を見てみようと思います。

参考リンク:
持ち運べるテーブルマット

>>こちらの記事もおすすめ
リビング学習向け充電式デスクライトは、寝る前の読み聞かせにも便利