【トースト・カフェラテ編】ココナッツオイルお手軽レシピ

2015/03/18
前回はココナッツオイルを使った料理とお菓子を紹介しましたが、今回は、トーストに塗るだけ、コーヒーに入れるだけ、という手軽な使い方を紹介します。

ちょっと工夫するだけで、いつものトーストやコーヒーが一味違うものに。ぜひお試しください!

>>料理とお菓子レシピの記事はこちら
ココナッツオイルを使ったレシピ3選【香りを活かす編】

 
Exif_JPEG_PICTURE

ココナッツバナナトースト


南国生まれのココナッツとバナナを使って、ちょっとリッチな気分のトーストに。食パンは厚めがお勧めですが、それはお好みで。シナモンも効かせて、デザート感覚で召し上がれ。

<材料(1枚分)>

  • 食パン 1枚
  • ココナッツオイル 大さじ1
  • バナナ 1本
  • グラニュー糖 小さじ2
  • シナモン 適量

<作り方>

1.食パンにココナッツオイルを塗ってトーストする。
2.こんがりし始めたら一旦取り出し、縦に切ったバナナを乗せて、上からグラニュー糖をかけてさらにトーストする。
3.グラニュー糖が溶けて表面がつやつやしてきたら完成。お好みでバナナがこんがりするまで焼いてもOK。
4.仕上げにシナモンをお好みの量ふりかける。あればミントを添える。

Exif_JPEG_PICTURE

ココナッツカフェラテ


コーヒーにココナッツオイルを少し加えると、オイルの効果で口当たりも優しく滑らかになり、ブラックが苦手な方も飲みやすくなります。

さらに、スチーマーを使って泡立てたミルクを加えれば、表面に浮かんだ油も気にならず、お砂糖なしでもほんのり甘いカフェラテに。ほっと温まるドリンクです。

<材料(1杯分)>

  • 濃いめのコーヒー 150㏄
  • 牛乳 100㏄
  • ココナッツオイル ティースプーン1杯

<作り方>

1.コーヒーを濃いめにいれる。
2.鍋で牛乳を温める。沸騰直前で弱火にし、スチーマーで泡立てる。
3.温めたカップにコーヒーを入れ、ココナッツオイルを加えてさっと混ぜる。泡立てたミルクを加える。

●ハンドクリームにも使っています●

そういえば、私はキッチンに、小さい入れ物にココナッツオイルを入れて、いつでも手に塗れるようにしています。

仕事柄手荒れは仕方ないとずっと思っていましたが、食器を洗う前など、水を使う前に手にサッと塗ってから作業するようにしてからは、以前よりも手荒れしなくなりました。手荒れに悩んでいる方、おすすめです。

もちろん、水仕事が終わった後も手に塗ってしっかり保湿。小さい子どもがいるので、食べても安心なココナッツオイルはハンドクリーム替わりにも重宝しています。




化学処理など一切していない☆新鮮なココナッツ☆の一番搾りバージンオイル。送料無料。