子どもがiPhoneを使い過ぎないようにSiriで再生停止の設定をしよう

2015/03/26

子どもにiPhoneでYouTubeを見せると、止め時がわからず長々と見続けてしまいます。最近は「パズドラ」の遊び方を覚えてしまいました。食事作りをしている時などは助かりますが、無理矢理取り上げて大泣きされたり…。そこで、iPhoneに備わっている[再生停止]機能で、YouTube再生もゲームプレイも自動停止させてしまいましょう。

タイマーの[再生停止]でロック画面に戻る


iPhoneのタイマーが決めた時間に[再生停止]が機能するように設定しましょう。この機能で、決めた時間に起動中のアプリなどが終了して、ロック画面が表示されます。
 
【その1】コントロールセンターからタイマーを起動する

11084307_412524962248581_9022757482358805692_n
画面最下部から上に向けて指をスライドさせると、コントロールセンターが表示されます。「タイマー」ボタンをタップすると「タイマー」画面に移動します。

 
 
【その2】「タイマー終了時」の設定をする

1520624_412524965581914_8914422141921256627_n
タイマーが切れたときの設定をするために、「タイマー終了時」をタップします。

 
 
【その3】[再生停止]を選択する

644450_412524968915247_3163932755180091740_n
ここはタイマー終了時に鳴るアラーム音を選択する画面ですが、一番下に画面をスクロールして「再生停止」をタップします。そして「設定」をタップして終了です。

 
 

Siriに「タイマーを15分にしてください」と言う


さて、子どもがiPhoneを使いたがったら、ホームボタンを長押ししてSiriを呼び出しましょう。タイマー機能を軌道させるより素早く設定できます。

11070188_412539145580496_2199638438872157350_n
Siriは話しかけられた言葉を理解して、iPhoneの設定をしたり天気予報を教えてくれたりするサービスですよね。タイマーの時間設定はSiriに「タイマー15分にしてください」と話しかけて完了してしまいましょう。遊ぶ時間はその時々で決めます。

 
 
子どもには「15分間だけ遊んでいいよ。時間がきたらおしまいね」と伝えておきます。

時間がきたら本当に使っている途中のアプリが終了して、ロック画面が表示されてしまうのでもう遊べません。不思議がっているうちに引き取ってしまいましょう。これで、我が家はかなりiPhoneをめぐる親子げんかがなくなりました。あとはロック解除番号を知られないように気をつけます! 

ぜひ試してください♪


パイロット【消える色鉛筆】フリクションいろえんぴつ12色セット文具/文房具/事務用品/筆記具/筆記用具/パイロット/pilot/いろえんぴつ/色鉛筆/お絵かき/消える/消せる/こすると消える/メール便可/定形外郵便可/

価格:
972円

(2015/03/26 16:16時点 )

 

ペンテル絵具12チューブ入【1ヶから販売】【1ヶあたり680円(税別)】

価格:
734円

(2015/03/26 16:17時点 )