3歳からの知育スタンプ「エポンテ」で4歳娘が遊んでみた

2015/04/03

シヤチハタが2014年11月に発売した知育スタンプ「エポンテ」を使って、娘が夢中になって遊んでいます。先日、東京大学本郷キャンパスで開催された「エポンテパーク」に親子で遊びに行ってきました。

R0018532 R0018536

会場では、親子で「エポンテ」を使って子ども服の模様を作ったり、紙コップや紙皿などの立体物に「エポンテ」を押してカラフルな小物を作りました。

11065913_413143675520043_419597788659321652_n

当日は雨が降り肌寒い中、行列ができるほどの大人気で、フリースペースでも子どもたちが敷き詰められた大きな紙に「エポンテ」を押して楽しそうです。

R0018547

なぜこれほどまでに子どもたちが夢中になるのでしょうか。「エポンテ」は発達心理学を元に、遊びを通じて想像性・創造性を育むことを目指して開発された知育スタンプです。手があまり発達していない3〜5歳頃でも頭の中のイメージを表現しやすいように様々な工夫がされています。

カラースタンプ カラースタンプ使用シーン2

●カラースタンプ
青・桃色・黄色の3色の重ね合わせで、新しい色作りを楽しめます。遊びを通して色への興味が高まり、豊かな色彩感覚が育まれます。


カタチスタンプ カタチスタンプ使用シーン2

●カタチスタンプ
丸・三角・四角の組み合わせでカタチの変化を楽しめます。柔らかい素材でできているので、好きなカタチを作ることができ、造形的センスを向上できます。


パズルスタンプ パズルスタンプ使用シーン2

●パズルスタンプ
三角と四角のパズル型スタンプです。7つのカタチの組み合わせで動物や植物、ストーリーなどを自由に描くことができ、パズルを使うことで論理数学的センスが磨かれます。


食用色素を使ったインキは衣服についても洗濯で落としやすいため、「そこに押さないで!」と怒らずに家でも思う存分使ってもらえます。何より、自分から「これであそびたい!」と始めて、集中力が持続しているのが親としてもうれしく思います。頭の中でイメージしていることが、簡単にカタチになるのが楽しそうです。

「エポンテ」を監修された発達心理学の内田伸子先生が、「エポンテパーク」での講演でおっしゃったとおり、「幼児にとって“遊び”とは“自発的な活動”であり、自分で関心を持てばあっという間に習得してしまう」状態が、「エポンテ」で遊ぶ過程で見受けられます。

自発的に遊んでくれる「エポンテ」で、娘に自然と色彩感覚や表現力などが身に付いたらうれしいなと思います。楽しそうに遊んでいる姿を見守って行こうと思います。

シャチハタ エポンテ カラースタンプ ZEP−CL

価格:
2,500円

(2015/04/03 10:51時点 )