大切なデリケートゾーンのケア、していますか?

2015/04/06

数年前から布ナプキンに変えたところ、生理の調子がぐっとよくなりました。具体的に言うと、PMS(おなかの調子が良くない程度で、たいしたことはないんですが)が軽い。血の色がキレイ。血の塊のようなものが出なくなったなど。

布ナプキンに変えた理由は、取材先から「デリケートゾーンは敏感な場所で、経皮吸収率が高い。そこに、化学的成分を使用したものを使うのはどうなんだろう」という意見をいただいたため。自分で布ナプキンのメリット、デメリットを確かめようと始めました。

自分なりのデメリットは、洗濯がめんどくさい。(もちろん、便利な洗濯グッズがありますが)それくらいで、とにかく前とは生理の感じが違うので、続けていこうかなと思ってます。

布ナプキンにしてから、気になり始めたのがデリケートゾーンのケア。それほどまでに経皮吸収率が高いところを、普通の石けんでゴシゴシ洗ってよいものなのか? しかもその後のケアは何か要らないの? 乾燥するでしょ、肌なんだから。

清潔に保湿できるデリケア専用アイテムが!


そのギモンを解決するように、世の中にはいろいろなデリケア専用アイテムが出ていたんですね~。とはいえ、まだまだ日本ではおおっぴらに話せる話題ではないので、商品数もそれほど多くはありません。しかし、気にしている人はすでに始めている! 

pubicare
たとえば、日本初のデリケートゾーン専門お手入れサロン「ピュビケアサロン白金台がプロデュースする「ピュビケア オーガニクス デリケート ソープ」(写真下左)。ホルモンバランスに合わせて3種類のアロマがあり、安心して使えるオーガニック認証取得。洗った後の保湿用の専用ミルクもあります。

同じくオーガニックコスメでは「アルジタル デリケートハイジーンソープ」。海洋性ミネラルや保湿成分をたっぷり含んだグリーンクレイをベースに、イタリアの天然水や植物成分を配合。洗った後に使う専用のクリームも。

また、脱毛のパイオニアTBCから「VIOウォッシュフォーム」(写真下右)。ワンプッシュでキメ細かい泡が出て、清潔にやさしく洗えます。

デリケートソープ抜きTBC VIO

各アイテムの詳しい記事はこちら
>>不快感をなくしたい! デリケートゾーンのケアアイテム

生理前の幼児の女の子でも膣炎が多い理由


デリケートゾーンは、女性の大切な臓器を守るために、弱酸性を保っています。つまり、弱アルカリ性が多い普通のボディソープ類で洗っていると、免疫力が低下してそのせいでかぶれたりするおそれがあります。

個人的な話で恐縮ですが、とあるボディソープを使ってデリケートゾーンを洗うとピリピリして痛いんです…。婦人科医の方のお話だと、生理前の幼児の女の子でも膣炎が多いのだとか。小さいころから、適切な洗浄剤を選ぶことは大切ですね。

また、prime mama世代は女性ホルモンの低下も気になるところ。それによって、デリケートゾーンのニオイや乾燥などのトラブルも増えてくるそう。女性ホルモンを枯渇させないよう食生活やサプリ、ライフスタイルの見直しを図りながら、デリケアも同時に行っていくといいのではないでしょうか。


↓↓Amazonで布ナプキン売れ筋No.1「オーガニック/無漂白コットン 布ナプキン アウトレット ビギナーズセット」

天然木製 ミニ両面洗濯板 日本製【HLS_DU】02P01Mar15

価格:
1,529円

(2015/04/06 15:44時点 )