4歳娘も安心して使える! 女性ホルモンに着目の無添加エイジングスキンケア

2015/09/01

8月後半から急に気温が下がり、晩夏とは思えない涼しい毎日です。ここ数年気になるのがこの時期の肌の夏ダメージです。秋が近づくと、今まで気にならなかった頬やこめかみあたりに、うっすらシミ予備軍のようなくすみが噴出してくるのです。頬全体のゆるんだ年齢毛穴やたるみは季節を問わず気になるようになってきました…

こんな時にいつも思い出すのが当サイトのこの記事。
>>40代は急減期−女性ホルモン、大丈夫?

コラーゲンやヒアルロン酸の生成をうながしている女性ホルモン「エストロゲン」は、実は一生のうちで、ティースプーン1杯分しか分泌されません。閉経を迎える50歳前後にはかなり少ない量になっているとか!

女性ホルモンが減ると、コラーゲン・ヒアルロン酸が減少し、肌のうるおい、ハリ、ツヤが失われてしまいます。私のシミ・くすみ、毛穴のたるみは、この女性ホルモンの減少が原因のひとつなのでしょう

40代の私たちは、女性ホルモンを意識したスキンケアを真剣にやっていかないといけないですね。そこで教えていただいたのが、エイジングスキンケ化粧品「シンリーボーテ」です

開発したのは女性ホルモン美容研究家として活躍している申 弘美さん。美容サイト「スキンケア大学」にてコラム「ビューティホルモンアップ塾」を連載しています。

「シンリーボーテ」の特徴はこちら。

●女性ホルモン様成分「ヒオウギエキス」が配合

「ヒオウギ」は、女性ホルモン「エストロゲン」の分子構造と似ているイソフラボン高含有するうえに、細胞そのものを元気にする「細胞賦活作用」を持つアヤメ科の植物です。

イソフラボンは大豆胚芽に特に多く含まれているフラボノイドの一種です。
>>こちらも要チェック
女性の味方、「大豆」をもっと食べたくなるレシピ3選

●女性ホルモンの分泌量を高める精油の香り

天然アロマの香りには、気分をリフレッシュさせるだけでなく、嗅ぐことで女性ホルモンの分泌量を高める働きを持つものがあるそうです。たくさんの精油の中から、効果の高い組み合わせでブレンドされたのはこちら。

 ・ラベンダー油…(効能)抗UV
 ・オレンジ油…(効能)抗酸化作用
 ・ローマカミツレ油…(効能)修復・引き締め
 ・ベルガモット果実油…(効能)皮脂ケア
 ・ゼラニウム油…(効能)ターンオーバー促進

●エイジング肌に負担をかけない無添加処方

加齢変化している敏感肌は不安定で疲れやすいですよね。そのため、負担をかける成分を使用せず、肌に優しい天然成分を使うことにこだわりがもたれています。無着色・合成香料無添加・無鉱物油・合成界面活性剤無添加、パラベンフリー。

さっそく私も使い始めたのがこの3アイテム。
11986476_479513132216430_7202032846539697055_n

使い始めて数日経ってからの撮影なので、クレンジングジェルが減っています

 
 
・メイク落とし・洗顔料(左)
・保湿化粧水・美容液(中)
・モイストリッチクリーム(右)

メイク落とし・洗顔料の「うるおいクレンジング泡ジェル」は、水を加えるとふわふわ泡に変化します。

sozai14

しっかりメイクオフできますが、オイルフリーなので、まつエクにも安心だそうです。

sozai11sozai12

保湿化粧水・美容液の「ディープモイストセラムローション」はとろみがあって、少量でもすうっと浸透する感触が実感できます。モイストリッチクリームはかなり濃厚でこれが私の特にお気に入りです。

私の基礎化粧品に興味たっぷりなのが、4歳の娘。無添加なので、安心して使わせることができます。もったいないので少量ですが(笑)。コールセンターには家族で使っているという声も寄せられているそうです。

親子で使えるエイジングスキンケアアイテムって貴重ですよね。3点とも2ヵ月たっぷり使える容量です。夏ダメージに疲れている方、年齢肌トラブルが気に出している方にぜひオススメしたいアイテムです。