40代は急減期−女性ホルモン、大丈夫?

2014/10/25

40代ともなると、そろそろ「更年期」というワードにドキドキしませんか?

  • 暑くないのに急に汗がドッと出る
  • この頃太りやすくなってきた
  • 落ち込んだり、気分が沈んだりする
  • とにかくイライラしやすい

ひとつでも思い当たることがあれば、更年期について考えてみる時期かも。更年期のさまざまな不調は、女性ホルモンの急激な減少が原因といわれているんです。

 

女性ホルモンは、美容や健康面、妊娠などに重要な働きをしますが、実は一生のうちで、ティースプーン1杯分しか分泌されません。閉経を迎える50歳前後にはかなり少ない量になっているとか!

032-photo2

少なくなっているなら補充すればいいんじゃない?と、思いますよね。確かに、女性ホルモン補充という選択もあるけれど、お金もかかります。そこで、注目されているのが「女性ホルモン」似作用をもつ食品。大豆やキャベツ、ブロッコリー、アルファルファなどがありますが、中でも大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンの活性に効果があると認められているそう。

 

ところが、研究をしているうちにわかった最新情報は、大豆イソフラボンからできる「エクオール」という物質が、女性ホルモンをサポートするのに最も効果的だということ。そして「エクオール」は、日本人女性の2人に1人しか腸内でつくれないということ!

 

つまり、大豆料理をせっせと食べても、「エクオール」がつくれないカラダならムダじゃん!!てことですよね……。
そこで「エクオール」がつくられているのか、それをチェックする便利なアイテムがあるんです。その名も『ソイチェック』。簡単な尿検査でわかります。

 

万が一、「エクオール」がつくれない、つくれたとしてもかなり低い数値だったらどうしよう? そんなときは、大豆を毎日摂ると同時に、エクオールを手軽にサプリメントで補給しましょう。『エクエル』は、大塚製薬が世界で初めて大豆を乳酸菌で発酵させて作った「エクオール」含有食品。更年期対策だけじゃなく、女性としてのリズムを調整するためにも、40代の今から女性ホルモンと上手につきあっていきたいですね。

 
>>関連記事
女性ホルモン「エクオール」をサポートする 必須アイテム2選