薬日本堂「カガエ」で漢方カウンセリング – 初の[漢方煎じ薬]煮出して飲んでみた

2016/03/27
nihondo_生薬イメージ_2

KAGAEでの漢方カウンセリング初体験。消化器系の働きが悪いことや、疲れが取れず元気が出ない、髪の老化などを改善する食生活を提案してもらい、漢方薬を選定されました。帰宅後、早速煮出して飲んでみました。

前回までの記事はコチラ

薬日本堂「カガエ」で漢方カウンセリング体験 – [何となく不調]を解決したい
薬日本堂「カガエ」漢方カウンセリングで[食生活の改善]提案を受ける

私の体質に合わせて提案された漢方薬

私が提案されたのは12種の生薬が配合されたもので、1日分ずつティーバッグに詰められています。配合された生薬については、効能や薬の特徴、味などが記載された写真付きの説明書をもとに、その場でカウンセラーの方から教えていただけます。

煎じ薬説明書

このティーバッグを土瓶か土鍋で30分ほど煮出して、出たエキスをお薬として飲むのが煎じ薬。

煎じ薬

KAGAEでは基本的に煎じ薬で提案してくれますが、煮出す時間がない方や、長期外出の場合などは、そのことをお伝えすれば気軽に飲める粉薬でも用意してくれるそうです。

値段は、配合する生薬にもよりますが、煎じ薬で1日あたり400円~、粉薬が300円~。毎日続けて飲むものなので、あらかじめ1月の予算をお伝えすれば、その要望も汲み取っていただけます。

煮出した漢方煎じ薬を飲むと、ほんのり甘く身体がポカポカする

さて、さっそく帰宅してから漢方薬を煮出してみました。

お水400ccとティーバッグ1つを土鍋に入れます。

P1030797

火を点けてずらしてふたをし、沸騰させてからはとろ火で30分。甘そうな、苦そうな、森の中にいるような、スパイシーな…。いろんな種類の香りが混ざったような漢方薬の独特の香りが漂ってきます。

P1030798

煎じ薬の完成! 150ccまで煮詰めました。ガラスポットに入れています。寒い時期はそのまま常温でもよいそうですが、これからの季節は冷蔵がよいそうです。

P1030799

煎じ薬は1日2~3回にわけて飲むようにすすめられました。私は、煮出したてはそのままストレートで。次に飲むときはお湯で割って飲んでいます。煮出したものをそのまま飲んでもお湯で割ってのんでも、効果は変わらないそうですよ。

漢方薬の香りは、その芳香成分自体にも効果があると言われています。強い香りは慣れないうちは気になるかもしれませんが、私はこういう香りが好きなタイプなので平気でした。味も、香りと同じようにとても複雑なものでしたが、苦くて飲めないということは全然なく、どちらかというとほんのり甘く、飲んでいるうちにポカポカと身体が温まってくるのがわかり、飲み心地がよかったです。

毎日気軽に取り入れられるハーブティーも美味しい!

KAGAEでは、漢方薬のほかにも身体によいとされるもの、和漢植物由来、ハーブ由来のアイテムが豊富にそろっています。漢方薬には病気の芽を取りのぞき身体を正常な状態に戻していく力がありますが、今回のカウンセリングではその漢方薬の他に、手軽で美味しいサポート食品として、オリジナルのハーブティーもおすすめしていただきました。

ハーブティ

全部で3種類ある中から選んでいただいたのは「ENERGY」をテーマにブレンドされたもの。クコの葉、高麗人参、ローズマリーなどが入っていますが、漢方薬のような強い香りや味はせず、紅茶ベースのとても飲みやすいお茶です。

今回、KAGAEでの漢方カウンセリングを受けて、漢方をライフスタイルに取り入れたことで、自分の身体と向き合い、食事をはじめとする生活習慣そのものを見直すきっかけになったと実感しています。身体の不調も、ほんのささいな気の緩みや、身体への影響をよく考えずに過ごしていたことの積み重ねが原因だったのかなとも思えます。

なんとなく調子が悪い、と感じている方も、病気や身体の症状で悩んでいる方も、ぜひ一度漢方カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。漢方以外でも日常使いできるアイテムが揃っているので気軽な気持ちでブティックを訪れてみるだけで、何か発見があるかもしれません。

■カガエカンポウブティック
東京都千代田区丸の内2-5-1丸の内2丁目ビル1階
03-5293-2010
http://kagae.jp/
漢方カウンセリングは予約優先

[関連記事]
薬日本堂「カガエ」で漢方カウンセリング体験 – [何となく不調]を解決したい
薬日本堂「カガエ」漢方カウンセリングで[食生活の改善]提案を受ける