料理のプロが活用中!時短にレシピ参考に使える料理本6選!

2016/07/14
料理本

友達とおうちランチになったけどあと一品どうしよう? おいしいパン、デザートを作りたいな。こんな素材が手に入ったけど、どんなふうに料理しようかな。仕事柄いろいろなレシピ集を参考にすることが多いですが、私自身がよく手に取り参考にしている本を6冊を紹介します!

ぼっちゅんCafé あんこ著『自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ』(河出書房新書)


自家製酵母で作る 毎日食べたいパンとおやつ
あんこさんを知ったきっかけはInstagram。写真のテイストも含めてあんこさんが作るパンがとても大好きで、勝手にフォローしていました。このレシピ集で紹介されている酵母の起こし方やパン種の作り方は、工程がひとつひとつ写真付きで紹介されており、その工程もわかりやすいので、まず失敗はないと思います。

掲載されている12のパン、6つのおやつは全部オススメですが、私が特に気に入っているのはフォカッチャ。天然酵母のパンは完成までに時間がかかってしまいますが、酵母から自分で手掛けたパンのおいしさは格別です。天然酵母のパン作りに挑戦してみたい方にぜひオススメの1冊です。

【Amazon】
自家製酵母で作る毎日食べたいパンとおやつ

薬日本堂監修『薬膳・漢方の食材帳』(実業之日本社)



薬日本堂

薬膳や漢方ってとても難しそうに思うかもしれませんが、この本で紹介されている食材は、トマトやナスなどの野菜や、いちごやバナナなどの果物、大豆やひじき、ヨーグルト、バター、ごま油などなど、普通に手に入る食材がメイン。それらが漢方の観点からどのような効果効能を持ち合わせているか、簡単な薬膳料理メモとともに掲載されているので、漢方や薬膳の初心者でも気軽に日常生活に取り入れることができます。

中には金針菜(きんしんさい)やとうもろこしのヒゲなど専門店でしか販売されていないような食材も掲載されていますが、知らない食材の特徴を見るのも勉強になって面白いです。

【Amazon】
毎日役立つ からだにやさしい 薬膳・漢方の食材帳

音羽和紀著『サラダ好きのシェフが考えたサラダ好きのための131のサラダ』(柴田書店)


音羽和紀

フランス料理のシェフ音羽和紀さんのレシピは、野菜をおいしく食べるためのコツや工夫が満載で、いつも参考にしています。特にこのサラダのレシピ集は、これまでの概念を覆すようなサラダの数々に感動です! 写真もとても美しく、いつまでもうっとり眺めていられます。

野菜を切ってお皿に盛って、ドレッシングをかけるだけがサラダではありません。必要な下処理をきちんと施し、素材の味を引き立てる料理としての“サラダ”の世界を、この本を通じてぜひ知って欲しいです。盛り付け方も含めて、お友達を招いてのおうちパーティーでも役立つレシピが満載です!

【Amazon】
サラダ好きのシェフが考えた サラダ好きのための131のサラダ

柴田書店編『PASTA115 気鋭のシェフ14人が見せるパスタのアイディア』(柴田書店)


パスタのアイディア

パスタが大好きでよく作ります。いつもだいたい作るメニューは決まっているのですが(トマトベースの簡単なもの)、たまには違うソースで食べたいな、季節の素材を使って本格的に作ってみようかな、という時に手に取るのがこの本です。少し前ならイチゴの冷たいカッペリーニやハマグリとフキノトウのリングイネ、これから夏にかけては鰻とキュウリの組み合わせや夏野菜のオクラを使ったもの、爽やかなレモン風味のものなど、ほんとに個性豊かなパスタメニューが掲載されています。

さすがプロのレシピなので、難しい調理方法や一般的には手に入りにくい食材も時々見受けられますが、そこは主婦目線でできる範囲にアレンジして楽しんでいます!

【Amazon】
PASTA115―気鋭のシェフ14人が見せるパスタのアイディア

福田淳子他『チーズケーキの本 ― なめらか。クリーミー。』(グラフ社)


チーズケーキの本

簡単な材料で手軽に作れるチーズケーキ。この本には定番からアレンジメニューまでなんと50ものチーズケーキレシピが紹介されています。面白いなと思ったのはチーズの種類別でベイクドチーズケーキの紹介をしているコーナー。普通はクリームチーズを使用しますが、マスカルポーネやカマンベール、カッテージチーズなどのケーキは、市販ではなかなか見かけないので、手作りだからこそ楽しめる味だと思います!

フルーツとの組み合わせやホワイトチョコレートをアクセントに使ったものなどもあるので、ぜひ自分好みのチーズケーキを探してみてください。私は断然ベイクドチーズケーキ派ですが、レアチーズケーキのレシピもたくさん紹介されていますよ。

【Amazon】
チーズケーキの本―なめらか。クリーミー。 (マイライフシリーズ 719 特集版)

石井千秋『浅草橋しおこうじ 塩麹セミナーのレシピ』(枻出版社)


浅草橋しおこうじ 塩麹セミナーのレシピ

万能調味料として2011年にブームとなった塩麹。今ではブームも落ち着き、定番調味料として広く認知されたと思いますが、実はその使い方がいまいちよくわからない、という方も多いのでは? そんな人にオススメしたいのがこの本です。塩麹とは何か? 塩麹はどうやって使うの? を詳しく丁寧にまとめられている基本の料理本です。

著書の石井さんご自身が、“発酵”について文化的科学的に研究を重ねてたどり着いた塩麹の作り方から始まり、塩麹の特性をいかした家庭料理やお菓子の作り方について紹介されています。塩麹を使うと肉や魚の保存が効くこと、チャーハンがパラパラっとおいしく仕上がること、いつものたまご焼きが何倍も風味豊になること。いろんな発見がこの本にはありますよ。

【Amazon】
浅草橋しおこうじ 塩麹セミナーのレシピ

今ではインターネットでも簡単に作りたい料理を検索できますよね。でも、また作りたいな、参考になったなと思うレシピは、実は私にとっては案外少ないのです。食べたいものを探す時は、信頼できる著者が書いた本や、おいしいと思ったレストランの味などが紹介されている本を手に取ることが多いです。今回紹介したレシピ集の中で、みなさんにもお気に入りの1冊、ひと皿が見つかるとうれしいなと思っています。

【参考】
河出書房新社 – あんこ著『自家製酵母で作る毎日食べたいパンとおやつ』

実業之日本社 – 薬日本堂監修『薬膳・漢方の食材帳』

柴田書店 – 音羽和紀著『サラダ好きのシェフが考えたサラダ好きのための131のサラダ』

柴田書店 – 柴田書店編『PASTA115―気鋭のシェフ14人が見せるパスタのアイディア』

グラフ社 – 福田淳子他『チーズケーキの本 ― なめらか。クリーミー。』

枻出版社 – 石井千秋『浅草橋しおこうじ 塩麹セミナーのレシピ』