子どもの英語教育にも効果あり! 1時間1500円からハウスキーパーを探せる『タスカジ』が魅力的

2014/11/26

我が家はまもなく4歳の娘と夫の3人家族です。
夫婦ともに日中は仕事をしているため、平日は朝バタバタと保育園に娘を送りに行き、18時頃迎えに行って帰宅後は娘の「メシ風呂寝る」をできるだけ滞りなく済ませ1日が終了します。

朝は全部片付かずに出かけ、夜は洗い物が終わらず翌日に繰り越され…金曜日はぐちゃぐちゃになっていることも。恥ずかしながらこれが我が家の片付け事情です。週末は夫婦で半日掃除と片付けに時間を使うこともしばしばです。

私も夫も仕事を頑張りたいし、娘と楽しくすごす時間も欲しい。それに毎日キレイな我が家でくつろぎたい…。でも平日自宅にいる時間が限られているのに、どうやったら実現できるんだろう…?

社会人になってから仕事を1人で抱え込まないように、仕組みや業務を属人化しないように訓練してきました。自分の本業ではない仕事はアウトソースするのと同じように、家事も家族だけで抱え込まずに誰かに依頼すれば、家族の「本業」である団らんの時間を増やすことができるのでは…?

そこで、2014年7月より本格スタートした共働き世帯に向けたハウスキーパーマッチングサイト『タスカジ』を運営する和田幸子さんに、そのサービスについてうかがいました。

スクリーンショット 2014-11-23 17.27.32

『タスカジ』はPCやスマホで近隣のハウスキーパーを探して家事代行を依頼できるサービスです。その価格は1時間1500円(税込/交通費別)から! 外国人を含む多様なハウスキーパー人が『タスカジ』で面接後テストセンターで実習試験を受けて、現在20名程度(2014年11月)が登録しています。

ーーー求人は、外国人向けの求人サイトや掲示板などで行いました。ご家族の留学で日本に在住している、配偶者が日本人など、ビザの条件を満たした方がハウスキーパーとして登録しています。この条件は徹底して守っています。たとえば大使館勤務の方のハウスキーパーとして同行した方が面接に来られることもあるのですが、この場合、その方のビザでは『タスカジ』の仕事をお願いできないんですよ。

Exif_JPEG_PICTURE

和田さんは、大手メーカーのERP事業部に勤務後、ITを活用した新しいライフスタイルを提案するブランニュウスタイル株式会社を立ち上げました。ご自身も6歳のお子さんがいて、育休復帰後、家事をご主人と分担しつつもなかなか手が回らない経験をしています。

ーーー会社員時代に家事代行サービスを利用しようとしたのですが1時間3,500円以上と高い。そして、個人で契約をしようとすると、依頼前に何人も面接をしなくてはならないなど、手続きに時間がかかるところにも不便さを感じました。そこで『タスカジ』では、仕事がしたいハウスキーパーと、仕事をお願いしたい個人がサイト上で直接契約できるようにしました。直接契約で中間マージンを削減することで、リーズナブルに利用できるようにしています。

前述の通り、家事代行の時給は1,500円から。これは業界最安値だそう。利用者は最寄り駅を入れてハウスキーパーを検索するだけで利用できます。

ーーーサービスを利用する時のクチコミは重要。『タスカジ』でも、利用いただいた方にハウスキーパーへのレビューをご記入いただいています。利用を検討している方の参考になるのはもちろんのこと、ハウスキーパーのモチベーションにもつながりますし、良い評価がランクアップにつながる仕組みにしています。

スクリーンショット 2014-11-23 17.28.12例えば「東京駅」で検索すると、依頼できるハウスキーパーの一覧が表示される

依頼できる内容は、掃除・洗濯・買い物・料理・ペットケア・チャイルドケア(ペットケアとチャイルドケアは保護者同伴に限る)。チャイルドケアは英語でのコミュニケーションも含まれ、自宅でグローバルな環境を作りたい親のニーズに応えられるサービスです。

ーーーハウスキーパーの国籍は日本以外にフィリピン、ウズベキスタン、ネパールなどで、主な使用言語は英語です。日本語を話せるハウスキーパーも多く、楽しんで子どもと遊んでもらえると利用者の方から評価をいただいています。

お話をうかがったのは和田さんのご自宅にて。利用を検討するワーキングマザーのみなさんが集まり、ハウスキーパーさんに直接質問ができる見学会でした。

ハウスキーパーの方たちが短時間にベッドメイキングや料理を仕上げるプロフェッショナルな仕事ぶりは、さすがのひと言です。皆さん明るくて穏やかな雰囲気が印象的でした。そして微笑みながら他のお客様のお子さんたちと遊ぶ様子を見ていると、こちらも自然と笑顔になってしまいます。
Exif_JPEG_PICTURE

ーーーハウスキーパーに触ってほしくない物は、鍵付きの金庫や棚にしまっておくといいですね。掃除用の洗剤をまとめて見やすい場所に置くなどの工夫で、依頼した時間でスムースに仕事をこなしてもらえます。

物が家にあふれて収拾がつかない場合、家事代行を依頼する前に整理収納コンサルタントなどに、捨てる物の選別や収納方法のアドバイスをもらうのも手です。和田さんもまずは「捨活」アドバイザーの方に家全体の整理収納をアドバイスしてもらったそうです。

和田さんはご夫婦ともにお仕事が忙しいでしょうが、ピカピカに掃除され片付いたお部屋がとても素敵です。これなら疲れて帰宅してもストレスなく自宅でくつろげそうです。

『タスカジ』では11月末まで初めて利用される方を対象に、利用料金が3回まで20%オフになる年末大掃除前倒しキャンペーン(キャンペーンコードTU1411T05)を行っています。11/30までの依頼が対象(12月実施分も有効)なので、家事のプロに計画的な年末年始の準備を助けてもらうのもいいですね。


アルクのabc DVDボックス