プレ更年期?「疲れやすい、太りやすい、なんとなく落ち込む」を解決したい!(前編)

2015/01/20

不定愁訴の原因を探る「オーソモレキュラー検査」を体験!

Prime mama世代は、年齢的に「更年期」という現実に直面しますよね。高齢出産をすると更年期が遅れるなんてウワサもありますが、軽い・重いという差はあれど、閉経後には更年期が訪れるのが定説のようです。

ところが、現代の環境や食生活によっては、閉経前でも更年期症状のような状態に陥る人が多いのも事実。プレ更年期とも言われたりしますが、女性ホルモンだけのせいでもないようです。

健康診断ではどこも異常が見られないのに、最近疲れやすいとか冷えやすい、太りやすくなった、メンタル的に弱くなったという症状を訴える女性がけっこう来院されます。不定愁訴というもので、原因が何かよくわからないけれど自覚症状があるという状態です。
そういう方には、1度『オーソモレキュラー(分子整合学)による採血検査』を実施することをおすすめしています」
と、松倉HEBE DAIKANYAMA院長の草野貴子先生。

『オーソモレキュラー(分子整合学)による採血検査』とは、1960年代から欧米で行われている検査法です。生化学や栄養学などに基づいて解析し、栄養素の過不足を診断。本来あるべき正常な状態へと導くものです。

現在の症状が、実は栄養のアンバランスが原因ということも。そこで、適切な食事やサプリメントなどで根本の栄養状態を見直すことで、薬だけに頼らない安全・安心な治療法のひとつとして活用されています。

私も、すごく太りやすくなった!(実際に食べる量もハンパないんですけどね…子どもの残りを「もったいない~」と食べちゃうので。反省)。

それに、産後ウツになったこともあるし、最近はなんだか涙もろい…。落ち込むほどじゃないけれど、ふと「死んだら、家族はどうするんだろうなー」なんて考えることも(年齢的に気になるし)。メンタルが弱くなっているのかも!

気になりだしたら止まらないので、さっそく松倉HEBE DAIKANYAMAにて『オーソモレキュラー(分子整合学)による採血検査』(¥15,000/税抜き)を受けてきました!

場所は代官山のオシャレエリアT-SITE。渋谷からは東急トランセという赤いミニバスで「代官山Tサイト前」で降りると便利です。

20150116_104633清潔感のあるクリニックの施術室。
草野貴子院長がプロデュースしたコスメも試せます

クリニックは病院ぽくなく、広々とした院内はいたってシンプルでフェミニンな空間。代官山とは思えない静寂さもいい感じです。案内された施術室で、初診のカルテ作りと『オーソモレキュラー(分子整合学)による採血検査』の問診票の記入と採尿と採血。問診票は3枚あって、けっこうじっくり書き込みます。

その後、看護士さんが血圧と体温を測り、ベッドに横たわって採血。先生の説明も含め1時間ほどで終了です。

検査結果は2週間ほどかかるそう。今の自分には、どういう栄養素が足りないのか。わけがわからない不定愁訴の原因となっているものは何なのか。そのヒントが見つかるそうです。

というわけで、2週間後の結果はまたお知らせします!